ビジネスシーンで要求される業務用タブレット

  • 業務用の端末にタブレットが数多く導入中

    • 業務用の端末として、タブレットを導入する現場が増えてきました。

      ノートパソコンよりも軽量かつコンパクト、処理能力も同等かそれ以上、更には物理的な衝撃に強い特性があります。特に物理的な衝撃に強い特性があるため、移動が多い営業職や制作職、企画職の人間が携帯するには最適な端末です。



      携帯する端末はちょっとしたミスでうっかり地面や机に落として舞うもの、ノートパソコンだとほんの少しの衝撃でハードディスクにダメージが加わります。



      強い衝撃を受けたハードディスクはデータが正常にロード出来なくなります。

      業務用の端末としてノートパソコンは脆弱性があり、タブレットのような安心感がありません。


      またタブレットが業務用の端末として優れているポイントして挙げられるのが、入力の手軽さです。

      日本経済新聞が気になる方に必見の情報です。

      ノートパソコンだとマウス等の入力デバイスが無ければサクサクデータ処理が出来ません。
      一方でタブレットであれば、アプリが指先一つで使えます。手元が塞がりやすい移動中や外出先でも、そちらの端末なら感覚的にデータ処理が出来たり、クライアントに対してスピーディにプレゼンデータを見せられます。


      ノートパソコンのようにタブレットは大量のデータを保存する事が出来ない、かつてはそういった弱点がありました。
      しかし、今では大容量かつ高速なクラウドサービスが登場しました。
      業務用のクラウドサービスにデータを予め預けておけば、外出先でも素早くダウンロードし、それを活用出来ますので、実質的に弱点が克服されています。